歯周病 / 歯槽膿漏
診療案内

〜 歯磨き時の出血、口臭、歯ぐきが腫れるなどの時は要注意! 〜

歯周病 / 歯槽膿漏の原因は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

口の痛み


原因

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し (歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします

  • 1.歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  • 2.不適合な冠や義歯
  • 3.不規則な食習慣
  • 4.喫煙
  • 5.ストレス
  • 6.全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  • 7.薬の長期服用

進行

「健康な歯肉」
薄いピンク色の歯肉。 歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。 歯肉が引き締まっている。 ブラッシングでは出血しない。
健康な歯肉
「歯肉炎」
赤色の歯肉。 歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。 ブラッシングで出血する。 腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する。
歯肉炎
「歯周炎」
赤紫色歯肉。 歯と接している歯肉が更に腫れる。 ブラッシングで出血や膿がでる。 歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。 歯肉が退縮して歯が長く見える。 歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。
歯周炎
「歯槽膿漏」
歯を支えている骨が溶けてしまい、歯がグラグラ とゆれます。 こうなると抜歯して、入れ歯を入れる必要がでて きます。
歯槽膿漏

治療

歯周病菌を「減らし」「なくす」治療を行っております。

歯磨きでのケア
治療内容はとても簡単!
位相差顕微鏡を使用して菌を特定します。
特定した菌に対しての投薬を行います。
歯磨き指導、日常生活の改善などの指導を行います。
数日後に再検査を行います。
歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメンテナンスを
定期的に受けていただきます。
Point
「痛くなる前に行く」「悪くなる前に行く」

やまなか歯科医院では、一本でも自分の歯を残していただく為に、早めの処置と予防を強くおすすめ
しております。
なってからでは遅いです。
きちんとケアをしていれば、健康的に若々しく歳をとる事ができます。
毎日が忙しくて・・・という患者さんでもスピーディーに正確に治療を行う事が可能なので、是非ご相談ください。

診療時間やアクセスなどはこちら

ネット予約はこちら

診療時間

△…土曜日は、17:00までです。

ただし、祝祭日のある週は木曜日も終日診察しています。

基本的に予約制です。
但し急患はその限りではありません。


まずは、お悩みをお聞かせください。

  • ・広電バス
    府中大橋下車 徒歩2分
  • ・広電バス
    府中町役場下車 徒歩2分
  • ・JR山陽本線
    天神川駅より徒歩6分
  • ・JR芸備線
    矢賀駅より徒歩12分

地図の詳細はこちら



診療内容一覧

インタビュー

妊産婦さんへの思いやりを おなかに赤ちゃんがいます。

PAGETOP